0800-805-8045
ご相談無料・24時間365日受付

ペット火葬車ってどうなの?ペット訪問火葬のギモンにお答えします

ペット火葬車

大切な家族の一員であるペットが亡くなってしまったら、とても悲しいことですが、最後までお世話をして見送ってあげたいですよね。

霊園などで火葬する方法もありますが、近年は火葬車で見送るという方法が、ペットとの別れを慣れ親しんだ我が家でおこなえるということから、よく利用されています。

しかし、ペットの訪問火葬について詳しく知らない方は、煙やにおいなどを心配して頼みにくいと考えている方もいるのではないでしょうか。

本コラムでは、ペット火葬車の人気の理由や、トラブルの心配がないかなどについて、詳しく解説します。また、ペットが亡くなってからお見送りまでの事前準備や、火葬後の供養の方法についてもご紹介しますので、参考にしてください。

「ペット火葬車」「移動火葬車」とは

「ペット火葬車」「訪問火葬車」といっても、特別目立つ見た目をしているわけではありません。おもに一般的なワゴン車やワンボックス車に、火葬炉が積んであるか内蔵されているかのどちらかです。

車に会社名などが入っていることも少ないので、一般車両と変わらない見た目になっています。

ほかにも煙やにおいなど、気になることがあるでしょう。ここでは、火葬車のメリットデメリットをご紹介します。

煙やにおいなどのトラブルはない?

煙やにおいなどのトラブルはない?

ペット火葬車の火葬炉は、環境に影響のないようさまざまな基準をクリアしているものです。火葬の音も気になりませんし、大気汚染の原因となるダイオキシンの発生もなく、煙やにおいも出ない構造になっています。

そのため、あらゆる場所での火葬が可能で、住宅街でも近隣の迷惑になることなくペットを見送ることができるでしょう。

ペット火葬車の利用が増えている理由とは

ペット火葬車は、自宅はもちろんペットとの思い出の場所での火葬を請け負っている業者もあります。

また、ご家族全員で見送れる日を希望される飼い主の方もいるので、時間や場所が決められていないのも選ばれている理由でしょう。

訪問火葬のデメリット

ペットの訪問火葬は、自由度が高く利用者の多いサービスですが、すべてのペットの火葬が可能なわけではありません。業者によっては、大型のペットを火葬できる火葬炉がない場合があるのです。事前に対応できるペットのサイズを確認しておく必要があるでしょう。

また、ご希望の場所に火葬車を停めるスペースが必要です。駐車場でなくてもかまいませんが、車を停めて火葬をおこなうだけのスペースが確保できないと、ご希望の場所での火葬ができない場合があります。事前に近隣の環境について相談しておきましょう。

煙やにおいの心配はなく火葬できることがわかって、業者に依頼したいと思った方は、弊社にご相談ください。

弊社には多くの加盟店が存在します。そのため、大型のペットを火葬することができる業者のご紹介が可能です。ご希望などもしっかりとお聞きして、業者選びのお手伝いをいたしますので、ぜひご利用ください。

ペット火葬車による訪問火葬の流れ

ペット火葬車での火葬は、簡易的になるのではないかということを心配されている方もいるかもしれません。そういった方のために、ペット火葬車による火葬の流れと、霊園との違いについて解説します。

また、ペットの訪問火葬を業者に依頼した際の費用相場もご紹介しますので、予算などを考えるうえでの参考にしてください。

ペット火葬車での火葬

ペット火葬車での火葬

ペット火葬車での火葬は、業者に依頼してペットのサイズや火葬希望する場所や日時を決めたら、当日は自宅で業者が来るまで待機していましょう。

1.お別れのセレモニー
業者が到着したら、お花や写真などを用意して、お別れのセレモニーをおこないます。その後、業者によってはお焼香などをおこなう場合もあります。

2.ペットを火葬炉へ
業者にペットを預けましょう。車を停めるスペースがあれば、ペットを火葬炉に入れるところまで見届けることができます。このとき、ペットと一緒にお花やエサを入れることができる場合もあるので、ご希望の方は事前に希望を伝えておくとよいでしょう。

3. 業者の方による火葬
火葬は、そのままその場でおこなう場合と、少し離れた場所に移動しておこなう場合があります。離れた場所で行う場合は、火葬車に乗ることはできませんが、自力で同行することは可能です。

4.お骨上げ
火葬が終わるとお骨上げをおこないます。飼い主がみずからおこなうこともあれば、業者がおこなうこともあり、業者の都合や飼い主の希望によって、さまざまな対応が可能です。

5.返骨
最後にお骨を骨壺に入れて飼い主の元に返して完了です。

ペット霊園とやり方は違うの?

ペット霊園での火葬も、業者に依頼してペットのサイズや希望日時を決めるところまではほとんど同じです。しかし、多くの場合ペットは霊園に飼い主が連れて行かなくてはなりません。お迎えのサービスをおこなっている業者もありますが、基本的には連れて行くのが一般的です。

火葬の流れはほとんど同じで、霊園にペットを預けたら、お葬式をおこなってから火葬します。火葬の方法は3種類あります。

  • 火葬車と同じように、すべてを見届けてお骨上げまでできる立ち会い火葬
  • 火葬やお骨上げは業者に一任するが、自分のペットだけで火葬をおこなう個別火葬
  • ほかのペットたちと一緒に火葬して、合同墓地に埋葬される合同火葬

どの火葬をおこなうかは、飼い主の希望で決めることができるので、依頼時に希望を伝えましょう。

火葬車でも霊園でも、火葬の流れや内容はほとんど変わりません。異なるのは、火葬をおこなう場所や時間に指定があるかないかと、ペットのお迎えがあるか連れていくかくらいでしょう。

訪問火葬の費用相場

訪問火葬の場合は、おもにペットのサイズで費用が決まります。1kg未満のペットなら約12,000~20,000円、10kg前後なら約20,000~30,000円、40kg前後なら約50,000~60,000円です。

上記の金額はあくまでも目安で、セレモニーの有無や返骨の有無で費用は変わります。また、40kgを超える大型のペットは、火葬が可能でも別途見積りという業者もあるので、詳しい費用は業者に確認するとよいでしょう。

場所や規模が違っても、内容としては霊園でおこなうものと同じようにペットを見送ることができます。安心してペット火葬車をご利用ください。

業者選択に関しては、弊社にご相談いただければ、気になる複数の業者から見積りをとり、料金やサービス内容を比較検討することができます。日程や費用などに無理のないように納得のいく業者を選びましょう。

ペット訪問火葬の【事前準備】と【火葬後の供養】

ここまでは、ペット火葬車による火葬の不安を解消できるよう、煙やにおいの心配がいらないことや、火葬の流れにについてご紹介してきました。

ここからは、実際にペットの訪問火葬を依頼した場合に、火葬までにおこなう事前準備や火葬後の供養でどのようなことが必要なのかをご紹介します。

ペットの供養は火葬するだけではありません。最後までしっかりと面倒を見てあげたいと思う方は、以下を参考に大切なペットを供養してあげましょう。

火葬までの事前準備

火葬までの事前準備 ペットの火葬は、依頼してすぐにおこなわれるわけではありません。業者に預けるまでにおこなうべき事前準備があります。

1.ペットの体勢を整える
ペットの目や口が開いた状態になっている場合は、目や口を閉じた状態にして、体を丸めるようにやさしく足を曲げてあげましょう。

2.ペットの体をふく
鼻や口から体液が出ることがあります。その体液はもちろん、火葬の際にキレイな体であるように、やわらかいガーゼなどで全身をやさしくふいてあげましょう。

3.保冷して安置する
ダンボールでもかまわないので、ペットよりも少し大きい箱に、薄手のタオルを敷き、背中とお腹が保冷されるように保冷剤や袋にいれた氷などを入れて安置しましょう。

4.箱にお花やおもちゃを入れる
必ずすることではありませんが、ペットだけを箱に入れているのでは寂しいので、ペットが気に入っていたおもちゃやおやつ、お花などを入れておいてあげましょう。

火葬後の供養方法

火葬後の供養の方法はさまざまです。お骨の扱いに関しては、家に保管しておいてもよいですし、お墓に埋葬したり、海に散骨したり、納骨堂に納めたりすることもできます。

家で保管する方法と散骨に関しては、とくに決められた規定はありません。散骨に関しては、人間と同じようにペットの散骨をおこなえる業者もあるので、業者への依頼も検討してみましょう。

お墓に埋葬する場合は、人間と同じお墓に入れることができる場所とできない場所があります。必要であればペット用のお墓を用意できるかどうかや人間と同じお墓に入れることができるかどうかを霊園に確認してみましょう。

お骨の保管を業者に任せたいという方は、納骨堂に納める方法もあります。スペースの大きさはさまざまですが、お参りができるような設備があるので、自宅で供養するのが大変な方にはおすすめです。

最近では、お骨をアクセサリーにする方もいます。いつでもペットと一緒にいられるので、粉骨したお骨を入れたアクセサリーやお骨を加工したアクセサリーを持つというのも供養のひとつになるでしょう。

ペット火葬車による火葬は、時間的な自由度が高く、忙しい飼い主にはありがたいサービスです。しかし、霊園のように決まった場所があるわけではないので、火葬後の供養に困ってしまうという方もいるでしょう。

弊社では、そういった細かい部分まで相談できる業者をご紹介します。無料相談窓口では、24時間ご相談に対応がしていますので、不安や疑問を解決しながら業者を探すことができるでしょう。気持ちよくペットの最期を見送れるように、まずはお電話にてご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。