ご相談無料・24時間365日受付

ペット火葬の持ち物とは~火葬場に向かう前の準備と服装まとめ

大切なペットとのお別れに専念するには、火葬の際に必要な持ち物を事前に把握しておく必要があります。なぜなら、大切なペットを失った悲しみの中、冷静に準備をおこなうことはむずかしいためです。

当記事では、ペットの火葬の持ち物、マナーについて解説していきます。また、すぐに葬儀を依頼したいという場合は、ペット火葬業者を紹介できる弊社にご相談ください。大切なペットを弔うお手伝いをさせていただきます。

ペットの火葬がおこなわれる場所

ペットが亡くなってしまったときに、火葬をおこなう場所は、「霊園」「寺院」「移動火葬車」があります。それぞれの特徴をご紹介していきますので、大切なペットを火葬してあげる場所をお探しの方は参考にしてみてください。

・霊園<
ペットに対応している霊園施設で火葬をおこなうことができます。同じ場所で葬儀をおこなっているところも多いです。屋内でのお見送りなので、心ゆくまで最後のお別れをすることができます。

・寺院
葬儀場などでお経を読み上げてくれるのは、各寺院から派遣された住職さんです。最近ではペットのお葬式を引き受けている寺院もあり、寺院内でペットの火葬をおこなっているところもあるようです。

・移動火葬車
火葬炉を車内に設置している火葬車を自宅などに呼んで、火葬をおこなうことができます。自宅前ではご近所の目が気になるという方は、近隣の迷惑にならない場所でも火葬がおこなえますし、ペットとの思い出の場所でお別れをすることも可能です。

ペットの火葬の場所をお探しの方は弊社にご相談ください。ご要望に応じたペット火葬をご提案させていただきます。

関連記事:ペットの葬儀場探し【後悔のないお別れのために】大切なポイントは?

ペット火葬に必要な持ち物

ペットが亡くなってしまった悲しみの中で、必要な持ち物を考えるのは困難でしょう。そのため、持ち物をリスト化しておくと、あとから「持って行けばよかった」と後悔したり、忘れ物をしたりすることがなくなるでしょう。

火葬の際に、一緒に入れることができるものや、持って行くと便利ものなど、ペット火葬の持ち物をまとめましたので、ペット火葬をご予定している方はお役立てください。

【1】数珠

【1】数珠

ペットの火葬の際も、人間のときと同様に合唱礼拝をおこないますので、数珠を持参するとよいです。手を合わせてペットとの思い出を思い出しながら、しっかりお別れをしてあげましょう。

【2】ハンカチ

こらえきれない涙をぬぐうのにハンカチを持参しておくとよいです。人間の葬儀の場合は、ハンカチの色は「白か黒」がマナーとなっています。ペットの葬儀の際は、厳密なマナーを気にされる方はあまりいらっしゃらないですが、ハンカチは忘れてしまいがちなので、持ち物を確認するときに最後にチェックするとよいでしょう。

【3】カメラ

近年では、ペットの最後の姿を写真に残せる火葬場が増えました。火葬する場所のスタッフの方に声をかけて、許可をえることができたら、スマホのカメラでも十分ですので、遠慮なくペットの最後の姿の写真を撮ってあげましょう。

【4】ペットが好きなおやつ

ペットが好きだったおやつと一緒に天国に送り出してあげたいと思う方も多いでしょう。少量のおやつなら、ティッシュに包んでペットの口元に置いておくことで、そのまま一緒に火葬することが可能です。しかし、おやつは袋ごと一緒に燃やすことができないので注意しましょう。

【5】ペットのお洋服や首輪を持ち帰る袋

首輪や洋服を一緒に棺に入れてしまうと火葬に影響が出てしまうので、よくありません。「火葬前まではお気に入りのお洋服や首輪をつけてあげたい」という方は、ペットの首輪や洋服を持ち帰るための袋を持参することをおすすめします。形見としてご自宅に大切に保管して、大切なペットとの思い出をときどき振り返ってあげるとよいでしょう。

【6】お花

ペットをお見送りするときに、お花を一緒に添えてあげることができます。しかし、色の濃いお花を入れてしまうと、火葬後の骨の色が変色してしまうおそれがありますので、避けたほうがよいでしょう。

ペット火葬の服装やマナー

大切なペットの火葬ですから、しっかりマナーをわきまえて参列したいですよね。ペットの火葬のときの服装やマナーは、人間の葬儀ほど厳密ではありませんが、避けたい服装や最低限のマナーはチェックしておきたいものです。ペット火葬の持ち物とあわせてマナーについても確認しておきましょう。

火葬時の服装

火葬時の服装

霊園や納骨堂、火葬場で、お葬式を住職にお願いして執りおこなう場合は、黒を基調とした服装を心掛けると良いです。しかしペットの葬儀の服装について、確固たるルールは存在しませんので、「喪服でなければいけない」という縛りはありません。

人間の葬儀もおこなうようなセレモニーホールでしたら、喪服に近い服装、ペットだけの火葬場で家族だけでおこなうのでしたらかしこまりすぎない服装など、葬儀をおこなう場所によって適した服装を選ぶとよいでしょう。

また、訪問火葬の場合は服装に決まりはありません。大切なペットを送り出すのに適した服装であれば、私服でも構いません。

マナーについて

ペット火葬のマナーは基本的には人間の葬儀と一緒と考えておけば心配ありません。施設内では静かにし、僧侶の読経中は携帯の電源を落としておきましょう。お焼香に関しては、ご家庭の宗派によって回数は変わります。

基本的に決まりがなければ1回です結構です。また、お見送りの際に写真を撮りたい方は、スタッフにひとこと声をかけてから写真を撮るのがマナーでしょう。

大切なペットの火葬にお悩みの方は弊社にご相談ください。飼い主様のお気持ちに寄り添ったご提案をさせていただきます。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
読み込み中...

※手数料がかかる場合がございます。 ※エリアや加盟店によりカード・振込決済に対応できない場合がございます。