0800-805-8045
ご相談無料・24時間365日受付

友人のペットが亡くなった時、自分に何ができる?よい対応の仕方とは

友達のペットが亡くなったとき、皆さんならどうしますか?「そんなこと滅多にない」と思っているかもしれませんが、お友達がペットを飼っている以上、その死はいつか必ず訪れるものです。

ペットであっても、その友達にとってはきっと大切な家族。悲しみにくれる友達に、あなたはどんな言葉をかけ、何をしてあげるべきなのでしょうか?

そこで今回は、「友達のペットが亡くなった場合、どんな対応をとればよいのか?」についてまとめてみました。対応を間違えると大切な友達を傷つけてしまうかもしれません。ぜひこの記事を参考に、丁寧な対応を心がけてみてくださいね。

友人のペットの訃報。どんな対応をとるのがよい?

友達のペットが亡くなったことがわかったら、できるだけ早いタイミングでお悔やみの言葉や励ましの言葉を伝えるようにしましょう。これは人間が亡くなった場合と同じです。

学校や会社などで会う機会があれば直接伝え、なかなか会えない場合はラインやメールなどでメッセージを送るとよいでしょう。

「うまく言葉を伝えられる自信がない」という場合は、贈り物をすることで気持ちを伝えるという方法もあります。たとえば亡くなったペットをイメージしたお花を贈ったり、友達とペットが写った写真などがあれば現像して贈ったりしてもよいでしょう。

もちろん、こちらがお悔やみ・励ましのつもりで送った言葉や贈り物であっても、友達からしたら「悲しんでいるのに今はこんなこといわれたくなかった」「贈り物なんてしてほしくなかった」ということもあるかもしれません。

相手の気持ちをすべて理解するのは難しいため、対応を間違えてしまうこともありますよね。

しかしそんな場合でも、「あなたの悲しみを受け止め、あなたの気持ちを大切にしたい」という意思だけはしっかりと友達に伝えることが大切です。そうすればきっと、「私のことを心配してくれているのだな」とわかってくれるはずです。

【死の状況別】かけてあげるとよいお悔やみの言葉

「友達のペットが亡くなった」とわかったら、できるだけ亡くなった原因によってお悔やみの言葉を変えてあげたほうがよいでしょう。これも人間が亡くなった場合と同様です。

・寿命によって亡くなった場合

その動物の平均寿命程度で自然に亡くなった場合は、「天寿をまっとうした」ともいいますし、つい「長生きしてよかったね」といった言葉をかけてしまうかもしれません。

しかし、ペットの飼い主にとっては、頭ではそのことを理解できても、感情としては「よかったね」とはとても思えないものです。

たとえば大好きなおじいちゃんやおばあちゃんが亡くなった場合、仮に平均寿命を越えていたとしても、それでもやっぱり悲しみは強いですよね。飼い主にとってのペットもそうなのです。そういった想像力を働かせて、飼い主さんと接することが大切です。

かけてあげる言葉としては、「大好きな飼い主さんと長い時間を過ごせて幸せだったよね」「飼い主さんといられて幸せだったから、こんなに長く生きてくれたのだね」など、飼い主がこれまでペットに向けてきた愛情が報われるような言葉を選んでかけてあげるとよいでしょう。

「私の愛情はきっとこの子に伝わっていたのだな」と思ってくれたらよいですよね。

・病気で亡くなった場合

病気で亡くなった場合、病気になってからは飼い主さんが献身的に看病していたと想定できます。飼い主さんの努力が無駄ではなかったことや、努力のおかげでここまで持ちこたえることができたということを伝えてあげるようにしましょう。

たとえば「大病したのにこんなに長く生きられたのは、あなたの看病のおかげ。この子もきっと感謝しているよ」「病気になっても最後まで寄り添ってくれて、安心して天国へいけたと思うよ」といった励まし言葉をかけるとよいかもしれません。

看病は大変だったでしょうから、その大変さをわかってあげることが、飼い主さんの気持ちを励ますことにつながるでしょう。

・事故や事件で亡くなった場合

交通事故や、何らかの事件に巻き込まれて亡くなった場合、飼い主も気持ちの整理がついていないことが多いでしょう。「飼い主がリードを離してしまったために交通事故に遭った」という場合などはとくに、何と声をかけてよいのか、言葉が見つからないかもしれませんね。

声をかける場合は、「今までペットの〇〇ちゃんにはたくさん支えてもらっていたよね。感謝の気持ちでいっぱいだね」「〇〇ちゃんと過ごした日々は一生の宝物だね」など、優しくて暖かい言葉を選びましょう。

誰が悪いとか、何が原因だとか、そういったことをいうのは避けます。ペットの死に対して、ただ純粋にお悔やみと励ましを込めた言葉をかけるようにしましょう。

要注意!友人を傷つけてしまうかもしれない言葉

友達のペットが亡くなった際に、なるべくいわないほうがよい言葉もあります。とくにペットを飼ったことのないかたの場合、ペットの死がどれほどつらいものであるのか共感できないこともあるので、つい口が滑ってしまうことがあります。

以下のようなことは、いわないように気をつけたいところです。

・「かわいそう」

ペットのことを「かわいそう」と言われてしまうと、「一生懸命世話してきたけれど、この子の人生はかわいそうだったのだ…」と飼い主が傷ついてしまうことがあります。

・「思ったより長生きだったね」

身近な人間の死というものはいつだって悲しいものです。ペットだって同じ。悲しむ際に長生きだったかどうかは関係ありません。「長生きだったら死んでも悲しんだらいけないの?」と飼い主の気持ちを逆なでしてしまうかもしれません。

・「人間が死んだわけじゃないのだから」

ペットを飼っている人にとっては、ペットは家族と同等であることが多いです。人間ではないから悲しくない、というわけではありません。

・「新しいペットを飼えば忘れるよ」

子供が亡くなったかたに「新しい子供を産めばいい」とはいえませんよね。それと同じです。ペットは家族であり、子供のようなもの。代わりになる存在などないのです。ペットを飼ったことのないかたはいってしまいがちなセリフでもあるので、十分注意しましょう。

メールやラインなど、文章で気持ちを伝える時の注意点

ペット火葬を依頼するときのポイント

言葉で伝えづらい場合に、お悔やみの言葉をメールやラインなどで送る場合もあるでしょう。それ自体は問題ありませんが、メールやラインだとニュアンスが伝わりづらい傾向にあるため、注意も必要です。

たとえば、あまり状況にそぐわないスタンプや絵文字を使ってしまうと、「不謹慎だ」と思われてしまうこともあるかもしれません。

相手があなたに心配をかけまいと、わざと明るい内容のメール・ラインを送ってくることもあるため、相手のノリに合わせるのではなく、相手の気持ちを察しながら慎重に返事をするようにしましょう。

言葉だけじゃない。気持ちのこもった贈り物

友達のペットが亡くなったとき、「どんな言葉をかけたらよいかわからない」「言葉だけではお悔やみの気持ちが伝わらないかもしれない」と悩んでしまうこともありますよね。そんなときは、心を込めて贈り物をしましょう。ペットが亡くなった際の贈り物としては、以下のようなものが例にあげられます。

  • 亡くなったペットをイメージしたようなお花
  • 飼い主とペットが写った思い出の写真
  • ペットの写真を使ったオーダーメイドの品
  • かわいいキャンドルなど

どんなものをあげれば励ましになるのかは、その友達の性格にもよります。普段の友達の性格を考えながら、気持ちを込めて贈り物を選びましょう。言葉ではうまく伝えられなくても、贈り物をすることであなたの気持ちはきっと相手に伝わるはずです。

まとめ

今回は、友達のペットが亡くなった場合の対応方法についてご紹介しました。まとめると以下のようになります。

  • 友達のペットが亡くなった場合、お悔やみ・励ましの言葉をかけるようにすること
  • ペットの死の状況別に、かける言葉は選んだほうがよいこと
  • いってはいけない言葉を知っておくことが重要
  • メールやラインはニュアンスが伝わりづらいので慎重に送ること
  • 言葉でうまくお悔やみの言葉を伝えられない場合、贈り物をするのもOK

大切な友達が大事にしていたペットが亡くなってしまったとき、あなたはどうしますか?

仲のよい友達であればあるほど、傷つけてしまわないかと悩んでしまいますよね。そんな場合は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。あなたの大切なお友達が早く立ち直れるよう、あたたかい対応をしてあげられるとよいですね。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 4.00 )
読み込み中...

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。