0800-805-8045
ご相談無料・24時間365日受付

ハムスター埋葬方法【プランターや庭に土葬・火葬】ペット供養の仕方

ハムスター埋葬方法

ペットのハムスターが亡くなってしまった場合、埋葬するにはいくつかの方法があります。それぞれに特徴や注意点がありますので、ご遺族の気持ちや費用面、住宅事情なども踏まえて方法を選ぶ必要があるでしょう。

このコラムでは、自宅の庭などにペットのハムスターを埋葬する場合の注意点や、いろいろな埋葬の方法、その後の供養方法などについて解説します。最善の埋葬方法を選択して、大切なペットを気持ちよく送り出してあげましょう。

ハムスターを埋葬する前に……安置してお別れを告げましょう

大切にかわいがっていたハムスターが亡くなったとしたら、すぐには気持ちの整理がつかないことでしょう。人間が亡くなった場合には、お通夜や告別式を経て、亡くなった翌々日に火葬されるのが一般的です。ペットが亡くなった場合もすぐに埋葬するのではなく、1日程度ご遺体を安置して最期の時間をともに過ごすのがよいでしょう。

冬眠している可能性も

冬眠している可能性も

ひとつ注意しなければならないのは、ハムスターは冬眠することもあるということです。普通人間に飼われているハムスターは冬眠をしないことが多いのですが、気温の急激な低下などの原因で、体力を温存するために冬眠をすることがあります。冬眠しているのかを判断するには、以下のポイントをチェックしてみましょう。

【冬眠しているハムスターの特徴】

  • ・目や口が閉じている
  • ・胸がかすかに動いている
  • ・体に厚みや弾力がある

亡くなっているのか冬眠しているのかは、判断が難しいところもあります。冬眠は自然な現象ではありますが、そのまま衰弱して死に至ることもあるので、念のために獣医を受診して状況を確認することをおすすめします。

ハムスターの安置で準備するもの

病院で残念ながら亡くなっていると診断されたら、そのご遺体を安置してあげましょう。亡くなったハムスターの体は、放っておくと腐敗が進んでしまいます。ハムスターを埋葬するまでの間、腐敗を防いでご遺体をきれいな状態で保管し、最期のお別れを待つのです。ご遺体を安置するには、まず以下のものを準備しましょう。

  • ・ご遺体が入るサイズの箱
  • ・タオル
  • ・ガーゼやティッシュ
  • ・保冷剤やドライアイス
  • ・ビニール手袋

ハムスターの安置方法

準備ができたら、まず濡らしたタオルでご遺体の体を拭き清めてあげましょう。口などから体液が出てくることがありますので、拭ってあげます。ご遺体からは菌が発生していることもありますので、念のためビニール手袋などを着用しましょう。

箱にティッシュなどを敷き詰めて、ご遺体を寝かせ、その周りに保冷剤などを置きます。ご遺体に結露がつくと腐敗を早めてしまうので、保冷剤はガーゼなどでくるんでおきます。腐敗しやすい頭やお腹部分に置くとよいでしょう。また、ドライアイスを使用する場合は手やご遺体に直に触れると凍傷になることがありますので、注意が必要です。

風通しがよく涼しい場所に置き、もしあればお線香などを焚いてあげるとよいでしょう。タッパーなどに入れて冷蔵庫に保管することも可能ですが、ご遺体からは時間が経つと菌が発生しますので、食品と一緒に保管するのはあまりおすすめしません。

安置ができたら……

保冷していてもご遺体の腐敗は進んでいきます。気持ちの整理がついたら、早めにご遺体を葬ってあげましょう。ペットのご遺体を葬るには、土葬や火葬といった方法があります。

土葬はご遺体を地中に埋める方法です。火葬はご遺体を焼却する方法で、ご遺骨を手元に残すことができるので、いつまでもそばに置いておくことができます。土葬や火葬の方法については、次の章で詳しく説明します。

弊社ではハムスターをはじめとしたペットの火葬を受けつけています。ハムスターをどう埋葬してあげたらいいのかわからないという場合は、ぜひ一度弊社にご相談ください。

自宅で埋葬する方法|庭がない・マンションなど賃貸ならプランター

火葬も含めて、ご遺体を葬ること全般を埋葬と表現することもありますが、埋葬とは本来、ご遺体をそのまま土に埋める土葬と同じ意味の言葉です。混乱を避けるためにこのコラムではこれ以降、「埋葬=ご遺体をそのまま土に埋めること」として統一します。

ハムスターなどの小動物の場合、まずは埋葬を考えることが多いでしょう。ここでは、ハムスターを埋葬する方法について解説します。ペットのご遺体を土に埋める場合、住宅事情にも注意する必要があります。

動物は自分で埋葬してもよい?

基本的に火葬していない人間のご遺体を埋葬することはできませんが、動物の場合はそういった規定がありません。そのため、自分の所有する土地であれば、ペットを埋葬することは可能です。

ただし、他人の土地や公園など公共の場所にペットのご遺体を埋めるのは、違法行為になってしまうので注意しましょう。ペットのご遺体は法律上では、一般廃棄物に分類されます。嫌な言い方ですが、つまりは通常の可燃ゴミと同じ扱いです。そのためペットのご遺体を自分の所有でない場所に埋めるのは、不法投棄にあたるのです。

また、たとえ自分の土地であっても適切な方法で埋葬しなければ、近隣とのトラブルに発展することもありえます。周辺住民の感情や環境にも十分に配慮し、適切な場所と方法を選ぶ必要があるのです。

埋葬方法1:自宅の庭に埋葬

トラブルを避けるために、自宅の庭にハムスターを埋葬する正しい方法を知っておきましょう。まず穴を掘るスコップや、ご遺体をくるむタオルなどの布を用意します。布は綿などの土に還る素材である必要があります。

【ハムスターを庭に埋葬する手順】

  1. (1)1m程度の深さの穴を掘ります。
  2. (2)ご遺体をタオルなどで包んで穴に入れましょう。
  3. (3)遺体に土をかぶせて埋めます。土を山高く盛っておいたり、墓石を置いたりしておくと、埋葬した場所がわかりやすくなります。

埋葬方法2:プランターに埋葬

植物を育てる鉢の土にご遺体を埋葬するプランター葬は、お庭がないマンションなどでもベランダに置いておくことができるので人気です。ご遺体を養分として新たな生命が育ち、ペットの生まれ変わりのようにかわいがることができます。

ご遺体のスペースを確保する必要がありますので、プランターは深めのものを選びましょう。プラスチック製よりも陶器製のもののほうが、長持ちします。プランターに入れる土は腐葉土など、植物の栽培に適したものがよいでしょう。

  1. (1)プランターの底にネットや底石を敷き、10cmほど土を入れます。
  2. (2)ガーゼなどを敷いてその上にご遺体を寝かせます。
  3. (3)ご遺体の上にまたガーゼなどをかぶせ、土を10cmほどかけましょう。
  4. (4)土の上にネットを敷き、残りの土を入れて植物を植えます。ネットを敷いてご遺体と植物のスペースを区切ることで、植物の植え替えがしやすくなります。

埋葬方法3:ペット葬儀業者による埋葬

ペット葬儀業者では、一般的に火葬をおこないます。火葬の方法によっては、火葬したご遺骨を手元に残すことができるのがメリットです。ペット葬儀業者にハムスターの火葬を依頼した場合の費用はおよそ1万円~2万円程度で、火葬方法によって変動します。火葬の方法については、後の章で詳しく解説します。

自分で埋葬する際に心配なこと

庭にハムスターを埋葬する場合、動物などに掘り返されないよう十分に深く穴を掘るようにしましょう。また、土地を手放した場合には、次の住人が建築工事やガーデニングなどで地面を掘り返すこともありえます。ご遺体が完全に土に還るには数十年の年月がかかることもあるので、土地を手放す予定があるのなら、庭への埋葬はしないほうがよいでしょう。

プランター葬の場合はご遺体を覆っている土が浅いため、虫や臭いが発生することもあるので注意が必要です。衛生的なことを考えるなら、火葬したご遺骨をプランターに埋めるという方法もあります。

自分で埋葬する方法は手軽ではありますが、後々のことを考えると火葬をしたほうがトラブルにはなりにくいかもしれません。弊社ではペットの火葬に関する相談を24時間無料で受けつけています。訪問火葬をおこなっている業者を無料でご紹介しますので、ハムスターの火葬を検討するなら、ぜひ弊社にご相談ください。

業者によるハムスターの火葬方法と供養について

ハムスターを火葬する場合、その方法にはいくつかの種類があります。業者にペット火葬を依頼する場合、火葬の内容をよく確認しておかないと、費用やご遺骨の扱いなどについて業者とトラブルになることもあります。おもな火葬の方法と、その後の供養の方法を知っておきましょう。

合同火葬

合同火葬

ペット葬儀業者や自治体にご遺体を引き取ってもらい、ほかのペットと一緒に火葬してもらうのが合同火葬となります。自治体に頼むと民間業者に比べて費用が安く、業者に頼む場合でもほかの方法よりも費用が安い方法です。ハムスターを合同火葬する費用は、自治体では1千円~1万円程度と地域によってまちまちで、業者では1万円前後が相場となります。

合同火葬の場合、火葬したご遺骨は返却してもらえません。また、自治体によっては廃棄物としてゴミと一緒に焼却され、埋葬はされない場合もあります。

個別火葬

亡くなったペットを単体で火葬する方法です。ほかのペットと混ざることはありませんので、ご遺骨を引き取ることができます。個別火葬には、一任個別火葬、立会個別火葬、訪問火葬といった種類があります。

一任個別火葬は業者にご遺体を預け、火葬の後そのまま埋葬までしてもらうか、ご遺骨を返却してもらう方法です。立会個別火葬はご遺族が立ち会って葬儀をおこない、骨拾いをしてご遺骨を引き取ります。業者に自宅まで来てもらって、火葬炉を積んだ車で火葬をおこなうのが訪問火葬です。ハムスターの場合の費用相場は以下のようになっています。

  • ・一任個別火葬 1万5千円~1万9千円程度
  • ・立会個別火葬 1万7千円~2万円程度
  • ・訪問火葬   1万2千円~1万6千円程度

返骨後の供養方法

供養の方法にもいくつか種類があります。どの供養方法を選ぶかによって火葬の方法も変わってきますので、どの方法を選ぶかあらかじめ業者と話し合っておくのがよいでしょう。

1.霊園や納骨堂に収骨
ペット供養をおこなっている霊園やお寺の納骨堂に収骨し、供養してもらいます。定期的に法要などをおこなってくれるところもあるのでしっかりと供養してあげることができるでしょう。葬儀の費用とは別に納骨料などがかかる場合があります。

2.自宅で供養
ご遺骨を骨壺に入れ、自宅で保管する方法です。ペット用の仏壇などに安置するとよいでしょう。環境によってはご遺骨にカビなど発生することがありますので、骨壺のふたをしっかりと閉め、乾燥剤を入れるなど管理には注意が必要です。

3.加工して身に着ける
ご遺骨をペンダントなどに加工することもできます。いつも身に着けておけば、亡くなったハムスターも寂しくならないでしょう。

4.自宅の庭やプランターに埋骨
ご遺骨を庭に埋めたり、プランター葬にしたりすることも可能です。ご遺骨の場合も埋葬のときと同様に、他人の土地や公園など公共の場所に埋めることはできませんので注意しましょう。

5.散骨
ご遺骨を細かく砕き、海などにまく方法です。こちらもやはり散骨をする場所に注意が必要です。多くの人が出入りする海水浴場や、漁業がおこなわれている海域では散骨をすることはできません。自治体によっては許可が必要な場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

火葬を手配する際には

ハムスターの埋葬や供養にはいろいろな方法があります。ご遺族が納得のいく最善の方法を見つけることが大切です。業者がおこなうペット火葬にもいくつかの種類があり、どれを選んだらよいのかわからないこともあるでしょう。

弊社では24時間無料の電話相談でペット火葬に関するご質問にお答えしています。依頼するかどうかわからないという場合でも、ペット火葬について疑問点があれば、ぜひ弊社にご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (5評価, 平均評価: 4.40 )
読み込み中...

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。