0800-805-8045
ご相談無料・24時間365日受付

ペットの火葬後の遺骨はどうするべきか|方法を知って納得いく供養を

大切なペットが亡くなったとき、悲しみに暮れてしまう方が多いでしょう。そんななかでも、ペットをそのままにしておけないため、供養しなければなりません。ペットの供養には決まりがないため、基本的には自由な方法がおこなえます。

しかし、適切な方法でおこなわなければ法律違反に問われてしまうことがあるのです。そこでこの記事では、ペットの火葬後に遺骨をどうするかお悩みの方に向けて、適切な供養方法について紹介していきます。ご家族で相談して、納得のいく方法で供養してあげてください。

火葬後のペットの遺骨を供養する方法

ペットの火葬後に遺骨をどうするべきか迷う方もいることでしょう。まずは、遺骨の供養方法を見ていきます。

業者に引き取ってもらう場合

業者に引き取ってもらう場合

火葬を業者に依頼して、そのまま供養までお願いする方法です。この方法は合同火葬とよばれており、まずは他のペットと一緒にペット霊園で火葬がおこなわれます。その後、業者が提携しているペット霊園の敷地内にある合同墓地に埋葬されます。

火葬に立ち会ったり、お骨上げをおこなったりしたい場合は、個別立会火葬という方法を選びましょう。その際は返骨されますが、そのまま霊園内の納骨堂に預けるか、埋葬してもらうという方法もあります。くわしくは【遺骨の供養方法が決まらない場合は】で紹介します。

個人で供養する場合

個人で遺骨を引き取って供養をおこなうには、個別立会火葬、または立会が難しければ火葬を業者がおこなったあとに、返骨してもらえる個別火葬を選ぶことになります。

個人で供養する方法もさまざまなものがあるため、順番に見ていきましょう。

・骨壺で保管する
手元供養する場合は、骨壺に入れて保管するのが一般的です。昨今、ペット用の骨壺は動物の形を模したものなど、デザイン性に優れインテリアとしても違和感のないものが多く販売されています。しかし、部屋のなかで長期間保管していると遺骨が湿気を帯びて、カビが生えるおそれがあるのです。定期的にフタを開けて、換気をおこないましょう。

遺骨を見るのがつらいという方は、骨壺の底にシリカゲルなどの乾燥剤を一緒に入れておくと湿気対策に効果的です。

・遺骨の一部をアクセサリーにする
遺骨を肌身離さずに持ち歩きたいという場合は、アクセサリーを作成する方法がおすすめです。たとえばペンダントや指輪なら、本体の内側に隙間を入れて少量の遺骨を納めることができます。アクセサリーの作成は専門店やインターネット上で受け付けているところがあるため、お好みのデザインのものを探してみるとよいでしょう。

残った遺骨は、骨壺に保管するか業者でパウダー状に加工してもらい、私有地などにまいて供養する散骨といった方法もあります。指定の場所で散骨を希望される際は、必ず管理者や関係者に許可をとってからおこないましょう。

埋葬をする場合の注意点

火葬したあとの遺骨であれば、ご自宅の庭や私有地なら埋葬しても問題ありません。あまりに浅い場所に埋めてしまうと、野良犬などに掘り返されてしまうかもしれないため、深さ30cmほどの穴を掘ってから埋めるとよいでしょう。

遺骨は骨壺から取り出して埋葬してください。骨壺に入れたまま埋葬してしまうと、遺骨が土に還らなくなってしまうからです。

また、悲しいことですがペットの遺骨は法律上廃棄物とされています。他人の所有する土地や公園などの公共の場所に遺骨を埋めてしまうと、不法投棄と同じ行為となるため法律で罰せられてしまうのです。そのため、必ず遺骨を埋める場所は私有地のみにとどめておきましょう。

供養方法が決まったら、火葬するために、業者選びをしていきましょう。業者の選び方について、本記事の【業者選びに便利な「みんなのペット火葬」について】をご覧ください。まだ、供養方法が決まらない方は、次項の【遺骨の供養方法が決まらない場合は】を参考にしてはいかがでしょうか。

遺骨の供養方法が決まらない場合は

埋葬方法は、さまざまな方法があることをお伝えしました。しかし、家族の一員であるペットの供養は、どの方法が最適なのか迷うことは少なくないでしょう。そこでここでは、供養方法が決まらない方や個人供養を検討している方へ、個人供養のデメリットと業者に引き取ってもらうメリットについてお伝えしていきます。

個人供養は難しいことも……

個人供養は難しいことも……

業者に遺骨の供養を依頼するもっとも大きなメリットは、適切な方法で埋葬をおこなってもらえることです。

遺骨を持ち帰り、ご自身で供養する方は多いですが、保管している間にカビが生えたり傷んだりしてしまうかもしれません。大切なペットの遺骨にカビが生えてしまったら、ご家族としても悲しいことでしょう。また、遺骨の一部をアクセサリーに加工する場合も残った遺骨の供養することになります。

遺骨を粉末にする方法は、業者に依頼する必要があるうえに、私有地以外で散骨をおこなうには許可が必要です。法律やトラブルのことを考えると、遺骨は最初から業者に引き取ってもらったうえで、埋葬してもらうのが得策といえるでしょう。

業者に依頼したときの埋葬方法

業者に火葬を依頼する際に、合同火葬を選べばそのまま提携しているペット霊園で適切に埋葬がおこなってもらえます。しかし合同火葬の場合はペットの火葬に立会えないため、きちんとお見送りしたい場合は、個別立会火葬がよいでしょう。

個別立会火葬は、ペットのお見送りからお骨上げもおこなうことができます。返骨後にはペット霊園の納骨堂に遺骨を保管することもできて、合同火葬と同様に埋葬してもらうことも可能です。

納骨堂で供養する際には、年間費用が約5,000円~15,000円別途かかります。霊園が開いている間なら、いつでもお参りに行くことができるうえに室内のため雨の日にも気にすることはありません。

お手元で保管するのには遺骨の状態に不安があるという方は、業者にそのまま引き取ってもらうことで、安心して供養できるでしょう。

業者選びに便利な「みんなのペット火葬」について

業者に依頼して火葬や埋葬をご希望される方は、弊社のサービス「みんなのペット火葬」を利用してみてはいかがでしょうか。ここでは、ペット葬儀のトラブル事例や、弊社が提供するサービスについて紹介していきます。

ペット葬儀におけるトラブル

ペット葬儀におけるトラブル ペット葬儀業者は年々増えていく反面、トラブルが少なからず起こっているのが現状です。特に多いとされているのが、費用面のトラブルです。葬儀の際、いつの間にか追加サービスが発生していて、想定以上の費用になっていたというケースがあります。そのため、あらかじめ見積りをとって費用の確認をしておきましょう。

また、業者が火葬費用を浮かせるために、返骨を希望されても別のペットの骨を返骨し、依頼主のペットは火葬せずに不法投棄したということもあったそうです。こういったトラブルを防ぐためには、個別立会火葬できちんとお見送りすることをおすすめします。

どんなサービスをおこなっているの?

大切なペットを亡くされて気持ちが沈んでいるなか、お見送りの方法を決めなければならず、どうすればよいか分からないといった方は少なくありません。弊社は、そんなお悩みごとをお聞きして、どのように供養をおこなうと納得がいくかご提案させていただきます。

お見送りの方法が決まったら、弊社が提携しているペット葬儀の業者が見積り金額を無料でご提示します。

業者が決まったら日程を調節して、当日はスタッフがお伺いするという流れです。火葬方法は、お選びいただいたプランによってとりおこないます。最後に代金をお支払いいただきますが、見積りどおりの金額から別途費用がかかることはありませんのでご安心ください。

個人で業者を探すよりもオススメな理由は?

ご自身で遺骨を供養するためには、個別火葬を選んで返骨してもらう必要があります。業者によっては、返骨をおこなっていないところもあるため、個人で業者を探すと「思ったサービスと違った……」なんてことがあるかもしれません。また、業者に供養を依頼する場合も、業者がペット霊園と提携していなければ対応してもらえないでしょう。

弊社にご連絡いただければ、ご希望されるプランに合った業者を紹介します。また、複数の業者から見積りをとることで適切な費用を比較・検討することができるでしょう。

まとめ

今回は、ペットの火葬後に遺骨をどうするかお悩みの方に向けて、埋葬方法について紹介してきました。大切なご家族の一員であるペットの埋葬には、ご自宅で骨壺に入れて保管する方法やペット霊園で埋葬するといった方法があります。

個人で骨壺を保管するには、湿気対策などきちんと管理しなければ遺骨が傷んだりカビが発生したりすることがあります。また、散骨するにも法律やトラブルを考慮すると難しいことが多いでしょう。

業者に依頼することで、火葬から埋葬までおこなうことができます。業者探しに困ったら、弊社のサービスを活用してみてはいかがでしょうか。供養方法を納得いくまでご相談のうえ、信頼できる業者を紹介させていただきます。まずは、お電話でご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。