0800-805-8045
ご相談無料・24時間365日受付

ペットの埋葬をする方法と、守ってほしい注意事項について

ペットの埋葬をする方法と、守ってほしい注意事項について

私たちの生活に欠かせない、大切な存在であるペット。毎日の疲れを癒してくれる大事な家族である彼ら彼女らの存在なしでは、毎日を過ごすことができないというかたも多いでしょう。

もしそんなペットが突然亡くなってしまったら、悲しいのはもちろんです。しかし、その後はペットの埋葬について考えなければいけません。埋葬の方法で一般的なのは土葬と火葬ですが、とくに土葬をする際にはたくさんの注意点があります。

今回は、かけがえのないペットが亡くなってしまったときの、埋葬の方法についてお伝えしていきます。ペットを土のなかに埋める「土葬」をするときに守るべきルールや注意点。また、最近主流になりつつある火葬の方法について解説していきます。

ペットの埋葬について、知っておくべきこと

大切にしていたペットが亡くなってしまった。深い悲しみを感じているときに、すぐにペットの今後を考えるのは大変なことでしょう。「今はそんなことを考えたくはない……」。そんな気持ちになるかもしれません。しかし、ペットが亡くなったときの埋葬方法を考えることは、とても大切なことなんです。

家の敷地内に埋葬しないと法律違反になる

亡くなったペットの遺体の埋葬を、どうしようかと悩む人は多いでしょう。なかには土のなかにペットを埋める「土葬」を選択するかたもいるかと思います。しかし、土葬の方法を一歩間違えると法律違反になってしまうのはご存知でしたか?

亡くなったペットを他人の土地に埋めた場合には、そのペットの大きさや種類に関係なく、軽犯罪法を違反することになってしまいます。また、河岸や山に埋葬する場合も同様に法律違反。ペットを埋葬するときは、自宅の庭など、敷地内にする必要があります。

土葬の場合、長い年月をかけて土に戻っていく

亡くなったペットのご遺体を土のなかに埋める「土葬」をすると、ペットは長い時間をかけて土に還っていきます。また、あまり考えたくはないことですが、ペットが土に還る過程で特有の臭いや地下水の汚染をしてしまうことも考えられます。そのため、ペット土葬するときは、しっかりとした準備と適切な土地選びが大切になってきます。

ペット埋葬するときに準備するもの

ペット埋葬するときに準備するもの

ペットを自宅の敷地内に埋葬するときには、あらかじめこれらのものを用意しておきましょう。

なかでもタオルは2枚用意しておくのがよいでしょう。ペットを安置するときに、上と下に敷いて被せることができます。また、タオルは化学素材を使っていない、綿や麻などの自然素材のものを選んでください。

  • 綿や麻のタオル
  • シャベル
  • 軍手
  • 墓石になる大きな石

ペットを埋葬する方法

以上のものを準備したら、ペットの埋葬を始めていきます。土葬手順は「穴を掘る」→「タオルを下に敷く」→「ペットを安置する」→「タオルを被せる」→「土を上から被せていく」という流れになります。そして、これらの手順をおこなうときにはいくつか注意する点があります。

動物が掘り起こさないよう、穴を深く掘る!

ペットを埋葬してから時間が経過すると、腐敗が進み独特の腐敗臭が出てきます。土葬してから土に還るまでの期間は数十年かかるといわれています。臭いが気になり掘り返すという事態にしないためにも、ペットを埋葬するための穴は深く掘るようにしましょう。

また、腐敗したときの臭いを嗅ぎつけて、カラスやほかの動物が穴を掘り返すこともあるようです。安らかにペットが眠れるようにするために、穴の深さは最低1m確保するようにしましょう。

タオルを敷いてペットを安置する!

穴にペットを安置するときには必ず自然素材の、土に還る素材のタオルを敷いておこなうようにしましょう。ビニールや化学素材のものは土に還らず、湿気を閉じ込めてしまい腐敗を招きます。また、ペットの上にもタオルを被せたほうがよいでしょう。

埋める土は高く盛り上がった形にする!

土は徐々に下へ下へと下がっていきます。これは、たとえ埋葬する際に土を固くたたいて押し固めても同じこと。そのため、ご遺体の上に盛る土はある程度周りよりも高くしておきましょう。

大きな石を埋土の上に置く!

ペットを埋葬し終わったら、大きな石をその穴の上に置くようしましょう。この石はほかの動物に掘り返されないための、予防的な役割があります。また、この石に名前やメッセージを書いて墓石の代わりとして使用するのもよいでしょう。

石灰を利用すると有害物質の発生が抑えられる!

ペットを埋葬するときには石灰を一緒に入れておくと、腐敗時に発生する有害物質を抑えることができます。石灰には殺菌作用がありますし、ほかにも有機物の分解を促す効果があります。

ペットの葬式について、現在はどうなっている?

これまで述べてきたのは、ペットが亡くなったときにご遺体を自宅の庭に土葬をする方法です。しかし、ペットが亡くなったときの埋葬方法はほかにもあります。というよりも、土葬を選ぶ人の割合が減っているというほうが正しいかもしれません。

現在はペット火葬が主流

現在ではペットが亡くなったときは火葬するのが主流です。ペットが昔以上に家族の一員として認識されているようになってきた現在、「人間と同じような形で見送りたい」と土葬よりも火葬を選ぶ人が増えているというのは、むしろ納得できるでしょう。

火葬してから埋葬するという方法も

ペットを埋葬する方法として土葬を選択する場合、ほかの動物に掘り返されたり、場合によってはミイラ化してそのままの姿で残っていたりすることもあります。こうしたケースでは、後々のトラブルに発展しやすいのも事実です。そのため、今では土葬をしたいというかたでも、まずは火葬をしてから埋葬するかたが増えているそうです。ペットのご遺体を火葬してから土葬をすれば、掘り返されたりミイラ化したりすることもありません。

火葬する場合は、信頼できる業者に依頼を

火葬する場合は、信頼できる業者に依頼を

ペットの火葬をするときは自分で試行錯誤をするよりも、信頼のおける業者に依頼をするのがよいでしょう。

手間やリスクがかからない方法は、業者に任せること

ペットの火葬を検討するときは、知識のある業者に依頼をするのがよいでしょう。依頼から火葬場での手続き、また火葬場での立ち合いの有無などを選べ、埋葬する霊園を紹介してくれる業者もあります。たくさんの時間を共有したペットの最後。安らかに眠れるように大切に火葬したり、霊園に埋葬してあげたりすることで、しっかりとお別れをすることもできるでしょう。

大切なペットのことだから、真剣に考えよう

ペットの埋葬の方法を考えることは、一緒に過ごしてきたペットとの時間をどのように残すのかと同じことです。方法によっては手軽に済ませてしまうこともできるでしょう。しかし、ペットは今や大切な家族の一員のはずです。楽しい思い出や、悲しい思いも一緒にしてきたでしょう。そんな家族の最後の門出です。真剣に向き合い、安らかにペットが眠れるように、最善の方法を考えてみませんか?

まとめ

大切な家族の一員であるペットが亡くなってしまったら、きっととても大きな悲しみを感じてしまうことでしょう。しかし、一緒にたくさんの時間を過ごしてきたからこそ、丁寧にペットを埋葬してあげることも大切です。

ペットを埋葬する方法として土葬をするときには、必ず適切な準備や場所を選ぶこと。土葬をする場合は、ほかの動物に掘り返されたりする危険もあります。埋める穴は深く掘ること。そのほかにも、記事内で触れてきた点に注意する必要があります。

また、最近では亡くなったペットを火葬で見送るのが主流です。火葬には土葬をしたときのようなリスクもありません。ペットとの思い出をよりキレイに、大切にすることができるでしょう。火葬の際には専門業者に相談してみるのがよいでしょう。ペットを埋葬するときは、安らかに眠れるようにできるだけのことはしてあげたいもの。今回の記事を参考に、ペットの埋葬方法を考えてみてください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
読み込み中...

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。